砂曼荼羅  

June,2019 Tokyo

All Picture BY UDAI

ダライ・ラマ法王14世を始めチベット人が多く住むインドの街

マクロードガンジのデリー行きバス停で知り合った

チベット僧の若者が日本に来ると連絡があった。

都内でのフェステバルで砂曼荼羅を披露するとのことだ。

フェステバルの詳細リンク

https://www.tibethouse.jp/event/2019/tibetfes2019-3.html

砂曼荼羅は

完成後すぐに壊される

自分の肉体もいつかは滅びるという諸行無常の教えがあるとのことだ。

色鮮やかな種類の砂 
砂曼荼羅制作は渋谷区のNOOK STUDIOで行われた。開放的な空間が印象的だ。
友人がとても真剣な眼差しで砂曼荼羅を作成している。
金属の棒を使って少しづつ砂を落とす。
ナムギャル寺本堂住職トムトク・リンポチェ氏(インド・ダラムサラ)
ナムギャル寺本堂 僧侶


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA